教育計画


普通科では基礎科目に学習の重点を置いて、2年次までは社会科・理科・芸術科の科目選択の他は、ほぼ共通のカリキュラムで学習しています。自らの興味・関心から進路選択ができる力を身につけてもらうために、国語・数学・英語の授業時数を多く設定して基礎学力を固め、3年次に各自の進路選択の希望に応じた科目の選択ができるように配慮しています。このため、英語・数学では少人数授業を実施しています。
学習面では、まず授業を充実させ、課外授業や補習、学習合宿等も生徒の希望に沿うように力を入れています。

生活文化科の2クラス(平成20年度入学生から1クラス)では、平成7年度から進学などさらなる継続教育を念頭において時代の要求に沿ったカリキュラムを編成し、多様な進路希望に対応できるものとなっています。
 生活文化科では、1年次に共通科目を履修し、外部講師などを招き十分なガイダンスを行い、2年次から各自の適性・興味・関心に沿って食物コース・服飾デザインコース・福祉コース(平成20年度入学生より、食物コース・福祉コースの2コース)の3コースに分かれて専門科目の学習をします。専門科目では、実習が中心となりますが、技術的に高度な能力を発揮する生徒が多く、課題研究では各種の資格取得に取り組んだり、高度で専門的な研究をする人もいます。設備の面でも、3つの調理教室・アパレルCADや手織機・ベッド及び車椅子のある福祉実習室などがあり充実しています。また、新しいカリキュラムでは、今まで以上に普通科目を多く選択することもでき、より大学・短大への進学に対応できるようになり、専門を生かした学部への入学者が増加するものと思われます。
 なお、毎年体験入学を実施しておりますので、是非多数の皆さんの参加を期待しています。



スキー授業   体育祭
スキー授業の様子   体育祭の様子
  吹奏楽部によるマーチング  
  吹奏楽部によるマーチング